2019年1月27日 革の部位の違いを少しだけ

完成です。
“レザー蝶番のロディア11カバー Natural”(https://minne.com/items/17302108)です。


3色めは生成りのヌメ革です。
贅沢なのに素朴な魅力がいいでしょう?私も大好き。

ちょっとだけ使った革の部位のお話しをしましょうね。
ベリーと呼ばれる牛のお腹の革で作りました。
シワや筋、古傷などの特徴が多い部位です。

3枚目の写真なら伝わるかな?
天然皮革らしさがたっぷり。

でもでも、繊維が緩めで流れも均一ではありません。
シワの部分が曲がりやすかったりもします。

それではなぜベリーを使ったのか?
ロディアカバーの本体は、2枚の革を全面貼りする仕様です。
当然、強度が上がるのでマイナスの特徴を打ち消せるんですね~。うんうん。

ただ、ペンホルダーは他の部位を使ってるんですよ。
こういうのはね、繊維が緊密で柔軟な部位が向いてます。

今夜は革のお話しでした~。
冷え込みが厳しいらしいですからね、暖かくしてお過ごしくださいませ~。
にほんブログ村テーマ ナチュラル生活へ
ナチュラル生活

関連ページ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 サイト名: 漫画 on web

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください