2014年9月13日 隠し味

打刻の凹部分に染料を入れます

打刻の凹部分に染料を入れます

削っては磨き削っては磨き。
下ごしらえはその繰り返しです。ずっとお見せしても正直飽きるかな?
…ということで、今日は嗜好を変えて、染色の様子です。

打刻の窪みに赤い染料を入れまして。まだ艶があって分かりやすいですね。
乾くとかなり分かりにくくなります。
そりゃあ、焦げ茶に赤ですからね。隠し味みたいなもので。

でも気付く方はおりまして。
1年くらい前のイベントのときですね。
手に取って「これ、色が入ってる…」と。

飲み屋のカウンターみたいな感じかな。
「んっ、出汁かえたね、大将?」
「分かりやすか?流石ですね旦那」
…みたいな。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください