2014年4月7日 革と革の内側の実験

内側に隠れるところを磨く

内側に隠れるところを磨く

さてさて、まだまだキーケース作りが続きます。
削って曲がりやすくした上で、さらに内側を磨いていきます。
実験的な試みです。

曲げるとこだけ接着しないっていうのは、よく使う手です。
素直で綺麗に曲がるという効果が期待できるんですねー。

さらに今回は、接着を手縫いするとこだけにしてみようと思ってます。
摩擦を減らす為に、内側も磨いて。

無駄になるかも知れないです。
それでもね、止むに止まれぬとこでして。

関連ページ


コメントを残す