2013年3月30日 ウェブもハンドメイド・WordPressのカレンダー表示編

いつもレザーや時計を作っていますが、嗜好を変えてウェブの話。
「ウェブもハンドメイド」…確か、3回目くらい?でしょうね。
WordPress を使っていて、他とはちょっと違ったカレンダーをウェブに欲しいという方は、きっと必見です。“腕は無くてもファイトがありますよ。ところで、PHPって文庫本のことですよね?” くらいの技術レベルでもきっと出来ます。

まずは、新しく設置したカレンダーの URL。
とは言っても、ブログやニュースの個別ページには、付録のように表示されてます。

News & Blog カレンダー

ウェブのカレンダー表示

ウェブのカレンダー表示

WordPress のような動的サイトのパワフルなところは、なんといっても、元になる日記などの原稿があれば、いろんな形でウェブに表示できるところでしょうね。

このカレンダーも、一度作れば、その後は普通にブログやニュースを書いていくだけで勝手に更新されて行きます。もちろん、小さい画像も載せてくれます。
優れものです。
私には真似の出来ない潔癖さです。

作りかた

作りかたは、次の2つのサイトを拝見しました。
さすが開放的な WordPress。探せばいろいろなものが公開されています。
広々とした心を持つプログラマに感謝です。

基本設定は一つ目のリンク先で、曜日の英語表記は二つ目のリンク先で実装できてしまいます。

WordPressでイベントカレンダー  |  wpxtreme|XTREME WORDPRESS STUNTS
カレンダーの月と曜日の表示を英語にしてくれるWPプラグイン『EnglishDate』(BrovalOSS研究所 スタッフブログ)


ところで、数か月前にも同じようにカレンダーを載せようとしたことがありました。
ただ、その時は意外な問題で控えています。

それはなぜか?
そう。カレンダーって、記事そのものが少ないと、なんとも残念な雰囲気になるんです。
その時は…ちょっと残念なものを見てしまいました…

関連ページ


コメントを残す