2018年8月2日 型紙が立体の靴になる面白さです

汗だくですよ。
毎日行き帰りだけで汗だくです。
いやぁ~、今日もお疲れさまでした。

平面の型紙が立体になる面白さです

平面の型紙が立体になる面白さです


さて、気を取り直してぷち靴作りの続きです。
見どころは型紙と縫い上がりの違いですね~。

平面から立体になる面白さ。
こんな型紙からこんな形ができるのって想像できますか?私はできません。

まだ完成してませんよ

まだ完成してませんよ


最初は本に載ってた型紙でした。
「ここを削るとどうなるかな?」
「こっちを足すとどうなるかな?」
…そんな改造を続けまして。

まるで階段を一段ずつ登るような改造の結果、最初の型紙と同じ部分が無くなりまして。
それはオリジナル作品と言えるのかな?

さておき、これは人形用の靴作り教室用の制作です。
私の型紙を元に、さらに工夫を凝らす人が現れる…
そう思うと胸が躍るねワクワクするね~。

仕上げで靴底が一回り小さくなります

仕上げで靴底が一回り小さくなります


ところでまだ完成じゃないですよ。
羽餃子みたいにぴろ~んっと広がった靴底を仕上げま~す。
にほんブログ村テーマ ブライス♪へ
ブライス♪

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください