2017年4月3日 革だって1枚いちまい違いまして

さあ新年度ですね。
都会は混んでるんでしょうね~、電車とかね~。
実は私も東京暮らしが長いんで。(ドヤッ)
…そんなこと言われてもアレでしょうけどもねっ。

さておき、今日も楽しく作っていきたいと思いま~す。
ネイビーのブックカバーの続きです。

ヤスリを掛けては噛み合わせてみる繰り返しです

ヤスリを掛けては噛み合わせてみる繰り返しです

蝶番の噛み合わせの調整ですね~。
いつもながら自分でもびっくりする手仕事。
ヤスリを掛けては合わせてみて。
合わせてみてはヤスリを掛け。

でもねっ、このネイビーの革は作りやすいです。
地のオイルが多めなんでしょうね~。
オイルドレザーのようにしっとり裂けにくくて。

ほんとに1枚いちまい違うんですよ、革って。
同じタンナーの同じ仕様の革ですら。

芯を入れる前の革の蝶番です

芯を入れる前の革の蝶番です

やっぱり生き物ですからね。
みんな違ってみんなイイ。そんなとこでしょか。

ここまでが、ブックカバー作りの下ごしらえですよ~。

にほんブログ村テーマ 文具・文房具へ
文具・文房具

関連ページ


コメントを残す