2014年4月4日 気付きさえしないほどの自然さ

キーケースのパーツの下ごしらえ

キーケースのパーツの下ごしらえ

下ごしらえしましたよ。
昨日つくってた小さなパーツです。キーケースのパーツ。

接着するとこを残して、裏面を磨きまして。
断面は一面ずつ磨いて…他のと接着してから磨く面だけ除いてね。

4つのパーツの横幅は12ミリです。
それぞれ、ちょうど3目で本体に縫えて、両側を二重にする目論見です。

ここが、惚れ惚れする仕上がりになるんですよ。
外周の他の糸は隠されまして、取り付けたとこの外側の縫い目も乱れない。
良く見ないと、工夫に気付きさえしないほど自然さが、ここのポイントでして。

本当の心遣いっていうのも、そういうものかも知れません。
まあ、私の場合はここで喋っちゃってるから…どうなんでしょうね。

関連ページ


コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.