2013年9月4日 目に見えるものだけが全てではない

の縫い上がった三重巻きブレスレット

の縫い上がった三重巻きブレスレット

ただただ長く続く断面ぎわの直線の手縫い…
謎の東洋人のお宅の床磨きとか、ペンキ塗りみたいに。

全長70cm、幅1cm。
終わりました、手縫いの工程。
すると、三重巻きブレスレットの全体の姿が見えて来ます。

ところで、ただただ真っすぐって、誤魔化しが効きませんね。
なんでも、シンプルなものってそうなのかも知れません。
苦手な頃もありました。
「何の修行なんだろうね?」とか感じたかもしれません。無意識に手が動くまで。
「目に見えるものだけが全てではない。」
パットモリタの言葉を思い出します。

さて、こうしてみると、どうやらバランスが取れたみたいです。
個性的な形のバックルも、丸ヒモとベルトの接続部分も。どうでしょうね。

さーっ、まだレザーの裁断面がそのままです。
磨き上げて完成ですよー。

関連ページ


コメントを残す