2016年3月2日 意図した名刺入れのポケット構成とは

新しく加えた外ポケットです。

新しく加えた外ポケットです。

新しい名刺入れが形になって参りました~。
そこで、今日はポケットの構成について真面目にお話し致します。
しっかり考え抜いておりますよ。

まず、普段使いのポケットは、深さを3分の2にしました。
内側では蝶番が山型になっているので、ポケットが浅い方が出し入れしやすいんです。
受け取った名刺を整理するまでの一時的な保管場所なので、使い勝手を一番に考えます。

そして、新しく加えた外ポケットです。
「これがあると便利」ってご意見が一番多かったのがココです。
キップやカードを入れたり。
ぶっちゃけね、会うのは2度目なんだけど名前を覚えらんない人の名刺を電車の中で見たり。
いろんな意味で便利ポケットですな。

内側のポケットの構成です。

内側のポケットの構成です。

ちなみに、自分の名刺用のポケットには20枚くらい入れておけます。

最後に隠しポケット。
取り出しにくい位置にありまして、すっぽり入ります。
えっと…隠し事とか やましいのじゃなくてね…ごにょごにょ…
ちょっと?
何か思い浮かぶようなのありますかね。

以上、真面目にポケット紹介でした~。

関連ページ


コメントを残す