2015年11月22日 カービングシート不要説?

打刻して乾いた革は、型紙のサイズに戻りました。

打刻して乾いた革は、型紙のサイズに戻りました。

いや~、ぼちぼち一番日が短い頃ですね~。
アツアツのモツ鍋をいただきましてね。
うどんなど煮込みながら素朴な幸せを感じます。

さて面白いことが起きまして。
打刻して乾いた革は、どうしても歪みます。
専用の粘着シートを貼らなかったら特に―――

…ところがどっこいしょ。
乾いたらすっかり元のサイズに戻りまして。
はてさて、どうしてなんでしょね。
「ファンタジスタかっ」つっといた。
一応ツッコんどかないとね。

蝶番部分の成形に入りました。

蝶番部分の成形に入りました。

えっと~。
革を加工する方がもしこれを読んでたらですね。
試すのは自己責任の時代ですからね~っ、念のため。
コンビニ弁当にも「からしを使用しています」なんて書かれちゃうアレだもんで。
ちなみに、厚さは2ミリ、繊維の緊密な部分の革を使いましたよ~。

関連ページ


コメントを残す