カテゴリー
ブログ

2013年8月10日 ハトメ抜きでレザーの蝶番を作る作業について

ハトメ抜きで蝶番用の穴を開けていきます
ハトメ抜きで蝶番用の穴を開けていきます

「また面白そうなことやってる」
そんなお言葉が聞かれそうな写真です。

  1. レザーにハトメ抜きで穴を開ける。
  2. 穴同士をつないで切り抜く。
  3. 名刺入れの蝶番のレザーの歯が完成。

…楽しいですね。
「世の中の仕事はたった二つしかない。楽しい仕事とつまらない仕事だ。」
…と、したり顔で言う人がいるとしたら、かなり楽しい側でしょうね。

はい。
じゃあ、そういうことで。

一方で、壊れたサイトの復旧も進めています。
どうも、サイトの復旧も細かい所に時間が掛かるようでして…
初耳の方は、次の日付のやるせないブログをご覧ください。

【タイトル】2013年7月19日 別れの予感と言えばテレサ

あー。
我ながら、このタイトル…

メールをいただいたばかりなんですよねー。
昔、登録したウェブの診断会社的なところから。

「たくさんの人に見てもらうためには、分かりやすいタイトルを付けましょう」
…って。

あーっ…

…古傷をね、さすりながらなわけです。私も。そしてあなたも。
上を向いて歩きながらね。
そんなわけで、明日には蝶番のレザーブックカバーのページを完成させて、販売開始をお知らせします。

カテゴリー
ブログ

2013年8月9日 やおよろず?「神は細部に宿る」

蝶番の名刺入れの型紙
蝶番の名刺入れの型紙

―――神は細部に宿る

知ってます?この意味?
やっぱり日本はやおよろずだよねー。
小川とか石とか、しまいには棒っきれにも神様いるもんねー。

…長いことそんな風に思っていました。

ネットで知りましたよね。本当の意味。
(今知ったばかりでは無いですよ、念のため。)

あえて書きますと、デザインに関する言葉でして…
シンプルかつディティールを美しくしよう。
細部のおさまりの美しくないと、全体も値打ちが無いのだよっていうようなことです。

写真の型紙は、これから名刺入れになります。
ミリ単位での実験と調整の結果の型紙です。

腕時計のレザーバンド作りで考えた手法を、ここにも使ってみています。
その、鈴なりの小さな穴を開けるために引いた鉛筆の線の内側と外側のどちらを切るか?
レザーの厚みを考えると真上は無いよなー?なんてやっていまして。

そして…くたびれて凝った首を押さえながら顔を上げて言いましたね。言ってやりましたとも。

―――神は細部に宿る

うーん。良い響き。
テンション上がる。
やる気が回復する。

…そして、小川とか石とか、棒っきれにも神様がいるんだよーっ…という意味でも楽しいと思う。

カテゴリー
ブログ

2013年8月8日 急なフェイスブックページへのお誘いのお詫びです

昨日、急にフェイスブックページへのお誘いが私から届いて、不快になったり驚かれたりされた方がいらっしゃると思います。
申し訳ありませんでした。

「メッセージを添えるのはどうするのかな?」
なんて、試行錯誤しながら、ポチポチ、クリックしておりましたら、
「(たくさん)送信されました」的な表示が出てきました。
とっさに「戻る」ボタンを押しましたが、そういうことではありませんでした。

それにもかかわらず、たくさん「いいね」いただいてありがとうございます。
正直、嬉しく感じています。

レザーの蝶番のサイズの実験
レザーの蝶番のサイズの実験

ところで、今日の写真は実験の模様です。
1mmまで薄くすいたレザーで蝶番を作るときの、丁度よい歯のサイズを探っているところです。

カテゴリー
ブログ

2013年8月7日 ホームページの転送設定にみる静ちゃん

転送に次ぐ転送に疲れて…
転送に次ぐ転送に疲れて…

のび太と出来杉による静ちゃんの奪い合い。

母性本能をくすぐるのび太。真っ向から実力勝負を挑む出来杉。
のび太の勝負度胸。絵になる出来杉。

つばぜり合い。

なのになぜ?
静をかっさらう第三の男、スネ夫。
なぜスネ夫。

「条件で相手を見るようになったのは、いつからかしら…」
なんて大人びた遠い瞳の静。

…さて、前置きが長くなりましたが、そういうことが起きていました。
“Your Side Door”のホームページで(https://your-sidedoor.com/)。

えーと、ページを引っ越した時の転送ツールを使っていたんです。
古い腕時計Aのページにアクセスしたら、新しい腕時計Aのページを表示するというツール。
全自動です。これは便利。

最初は、作品が全然ない頃は、トップページも腕時計もブックカバーもみんな横並びでした。
少し増えると「商品」のカテゴリーにそれぞれのページをお引っ越ししました。
また増えて「腕時計」「ブックカバー」という新しいカテゴリに引っ越しました。

とまあ、ページの引越しに次ぐ引っ越し。

全自動の転送ツールは便利でした。
古い腕時計Aのページ→腕時計Aの引っ越し先→腕時計A次の引っ越し先…
と、転送してくれました。自動で…

ところが…ついに全自動も狂い始めました。
腕時計Aのページにアクセスすると、古い腕時計Aのページに転送される。
終いには、ブックカバーCのページに転送される。

いやーっ、色々なことがあるものです。静ちゃんの立場も考えてあげないとね。
*現在のホームページは直っています。

カテゴリー
ブログ

2013年8月6日 完成しました。蝶番のレザーブックカバーです

蝶番のレザーブックカバー
蝶番のレザーブックカバー

完成しました。
蝶番のレザーブックカバー。自信作です。

蝶番で開閉することによって、本との一体感が得られました。
カバーも含めてそのように装丁された本のような手応えがあります。

文庫本サイズで、21mm程の厚みの本まで掛けられます。
また、背表紙の傍にあるレザーバンドを用いれば、両側に2冊の本を収納することも可能。

全てレザーと糸で仕立てています。
蝶番は、金具を使っていないとは思えないほど、しっかりとした作りです。
コーヒーブラウンのレザーとグレーの糸とのコントラストは荘重です。

価格は他のブックカバーのラインナップと同じ4,900円(税込5,145円)で販売予定です。

…と、真面目に解説させていただきました。
惚れ込んでずっと使い続けてもらえるものになったと思います。

カテゴリー
ブログ

2013年8月5日 まもなく縫い上がり。蝶番のレザーブックカバー

手縫い途中のレザーブックカバー
手縫い途中のレザーブックカバー

間もなく縫い上がり。
手縫いの長さは他のブックカバーの倍近いです。

ところで、読書大好きな人って、一度に二冊は持ち運ぶでしょう?

サスペンスと実用書とか、
サスペンスと歴史物とか、
スリル&サスペンスとか。

さてさてさて、ここポイント。注目です。
左右のポケットの他に、背表紙の近くに細めのバンドを取り付けています。

このバンドを使えば、二冊持ち運べます。
文庫本で実測したところ、合計360ページ位までならOKでした。

あーっ、でも。
一冊でもその位の厚みはありますね。普通に。
そこは…上手にやりくりして下さい。

カテゴリー
ブログ

2013年8月4日 蝶番のレザーブックカバー、制作快調

蝶番のレザーブックカバー
蝶番のレザーブックカバー

「北欧のとある国では、昔、こういうものがよく作られててね…」

レザーの裏側を磨く。
内側のパーツを取り付ける。
そして縫い穴を開けて…

完成形が見えて来ましたね。
蝶番のレザーブックカバー。

柔らかい牛革の手触り。
開く時のレザーの擦れる音。
なにこの不思議な気品。

北欧のほげほげという国では、昔、こういうものがよく作られててね…
などとホラ吹かれたら疑う余地も無さそう。にやり。

吹かないですけど。
吹いても「な~んちゃって」ってちゃんと言います。

一行目、な~んちゃってですよ。
な~んちゃって、てへ。