2019年7月9日 【存在感】ミニカシメと打ち棒

はいはいはいどーも To Be です。
金具の紹介も3つ目。いよいよどのキットにも入ってないの出ますよ~。

ミニカシメと打ち棒の登場です。
装飾にも複数パーツの固定にも役立つのがカシメ。

装飾にも固定にも使えるカシメ

装飾にも固定にも使えるカシメ


写真のぷちリュックではボタンを模した飾りとして、ぷちバッグでは持ち手と本体を固定するために使っています。
グッと存在感が上がっていると感じます。いかがでしょうか。

ミニカシメを使えるようになると、制作の自由度は格段に上がります。
ぜひ取り入れて欲しい金具なんです。


【ミニカシメ】

とっても小さな片面カシメです。
“頭”と“足”のパーツ1つずつで1セット、20ヶセットです。
手作りキットのオプションで追加できるハトメ抜き4号で穴を開け、ミニカシメ打ち棒で革に固定します。
カラーは3色ご用意しました。

  • サイズ:4mm
  • 内容量:20ヶセット(頭・足それぞれ20ヶ)
  • カラー:金古美・ゴールド・シルバー
  • ・価 格:220円

*アトリエにてお買い求めくださいませ。

金古美
ゴールド
シルバー

【ミニカシメ打ち棒】

ミニカシメを固定するのに使います。

  • 450円
ミニカシメ打ち棒の使い方
  1. ハトメ抜き4号で穴を開けます。
    ①ハトメ抜き4号で穴を開けます。

    ①ハトメ抜き4号で穴を開けます。

  2. 裏から足を差し込みます。入り難いときはピンセット等で穴を広げると楽になります。
    ②裏から足を差し込みます。入り難いときはピンセット等で穴を広げると楽になります。

    ②裏から足を差し込みます。入り難いときはピンセット等で穴を広げると楽になります。

  3. カシメ打ちを垂直に当ててハンマーで叩きます。軽い力で5~6回に分けて打つのがコツです。
    ③カシメ打ちを垂直に当ててハンマーで叩きます。軽い力で5~6回に分けて打つのがコツです。

    ③カシメ打ちを垂直に当ててハンマーで叩きます。軽い力で5~6回に分けて打つのがコツです。

  4. 周囲の革が少しへこむ位が程良いです。
    ④周囲の革が少しへこむ位が程良いです。

    ④周囲の革が少しへこむ位が程良いです。


オリジナル作品を考えるとき「カシメが無いと作れない」というデザインも多いです。
なのでミニチュアを作るなら間違い無くおススメです。
にほんブログ村テーマ ナチュラル生活へ
ナチュラル生活

関連ページ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 サイト名: 漫画 on web

One response

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください