2019年1月11日 革のコバ(裁断面)から分かること

今日の那須は北風さんが気合十分でして。
いやぁ耳がキーンとなりましたよ。そちら大丈夫でしたでしょうか?

さて、ブックカバー作りの続きですよ~。
革のコバ(裁断面)を仕上げてます。
樹脂入りのワックスを染み込ませて帆布で磨き上げまして。

ヤスリ掛けしたコバを磨き上げます

ヤスリ掛けしたコバを磨き上げます

この仕上げ方ができるのは、タンニンなめしのヌメ革の特徴なんですよ。
一方で、クロムなめし革は縁を漉いて折り返す手法が発達してますね~。
別の色に染めたり、樹脂を盛ったり、仕上げ方はさまざまです。

…なのでコバを見るといろんなことが分かるんですよ。
作る人の技術だけじゃなくて、考えや丁寧さまで表れます。

なんつって。
思えばどんな物作りでもそうですよね。
ひととなりが表れて当然なわけですよ~。

もう少しで下ごしらえが済みまして

もう少しで下ごしらえが済みまして

あ、明日土曜日は通常通り11:00~16:00にアトリエOPENで~す。
http://qq3q.biz/NNO1(グーグルマップ)
暖かくしてお待ちしておりま~す。
にほんブログ村テーマ 文具・文房具へ
文具・文房具

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください