2018年12月28日 システム手帳の革の蝶番づくりの模様です

平成最後の花金で~す。
お楽しみっで~すか~ど~もど~も To Be ですよ~。

さて、こちらはオーダーメイドのシステム手帳作りの続きです。
クリスマスシーズンが過ぎて制作に集中できますね~。
今日は革の蝶番づくりをお見せしますね。

まずは切り抜き。肉抜き。
見るからに危なっかしいでしょう?

ザクっと切り過ぎると泣きます

ザクっと切り過ぎると泣きます

デザインカッターの刃先ってほんとに安定しないんですよね。
本来は2ミリ厚の革を切る道具じゃないんですよ。
なので刃そのものに指をあてて安定させております。

裁断が済むと細長いビルみたいなシルエットです。
部分的に水を染み込ませて、蝶番になるように折り畳みます。
作り続ける中で、ハッと気付いたコツなんですよ。

裏側は両端を斜めに漉いてありますよ

裏側は両端を斜めに漉いてありますよ

蝶番の刃のヤスリ掛けはわれながら変態かな?って思います。
どのくらい大変かって言うと、肩こりになります。こりっこり。

加工した特製ヤスリにて削り出します

加工した特製ヤスリにて削り出します

…ところで「年の瀬までお仕事たいへんですね」なんて思いました?
私の場合、作るのが仕事っていう気持ちは無いんですよ。なんでかね~、なんでだろ~?

さておき、明日29日は平成最後のアトリエOPEN日で~す。
グーグルマップはこちらです。
http://qq3q.biz/NNO1

アトリエをあたたか~くしてあたたか~い紅茶やコーヒーを用意してお待ちしておりま~す。
にほんブログ村テーマ 手帳パラダイスへ
手帳パラダイス

関連ページ


Your Side Door - にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 サイト名: 漫画 on web

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください