2014年3月7日 小さなレザーへの小さな刻印の挑戦

自作の刻印用の道具(オーダーメイドのペンダント)

自作の刻印用の道具(オーダーメイドのペンダント)

今日はちょっとした挑戦です。
ちょっと久しぶりに、レザーのパーツを加工してます。

一目でお分かりだと思います。とっても細いパーツです。
実は、無茶な話なんですが、これに刻印を入れることになってまして。

刻印を木槌で叩くのは、考えられません。
そんなに小さな打ち棒は無いし、レザーが小さすぎて、ちぎれそうで。

そこで登場するのが…
ジャーンッ、透明プラ板に針金で鏡文字を接着したどうぐ~っ。
道具の名前が、ちょっと長いですね。
しかもモザイク入りです。イニシャルなので。

セロテープに貼り付けた針金を丸ごとプラ板に貼り付けてみたり…
並べた針金の上に接着剤を縫ったプラ板をそっと置いてみたり…
そんな失敗の末に、ついに道具が完成っでーす。

このひみつ道具をですね、そっと、そしてぐっと、濡らしたレザーに押しつければ…
木槌で打ったときのようにレザーの繊維を傷つけず、刻印も出来るという目論見。
昨夜のうちに仕込んでまして。接着剤が完全に乾くには24時間いります。
もう少しで、試せますね。

気を付けてっ!
きっと、この道具では、二回目のチャンスは無いです。

関連ページ


Your Side Door - にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村
© タイトル:ブラックジャックによろしく 著作者名: 佐藤秀峰 サイト名: 漫画 on web

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください