2018年9月13日(第二部) 革のぷちストラップシューズの作り方(4日目)

こんばんはっ To Be だよっ。
今日は重要なポイントがありますからねっ。
手作りキットを作るワクワク革細工生活4日目、早速いってみよ~。

さて、シューズのアッパーにストラップを縫いますよ。
長いベルトのストラップAと、バックルが付いたストラップB。
縫い糸はロウを引いてありますのですぐ縫えます。20センチに切って使います。

それぞれ縫い穴は2つです。
通常と違って、使う針は一本だけです。
クルッと1回転半縫って、糸の両端が表側に出ている状態にします。

⑬一回転半縫って、最後に通した穴に戻す

⑬一回転半縫って、最後に通した穴に戻す

ポイントはココ。糸止めです。
まず針を最後に通した穴に戻して輪を作ります。
その輪にもう一方の糸の端を通します。
輪にボンドを付けます。

⑭もう一方の端を輪に通し、ボンドを付ける

⑭もう一方の端を輪に通し、ボンドを付ける

糸のコブが縫い穴の中に隠れるように糸を引きます。
短く切って、少し飛び出した糸の端は目打ちでほぐしてボンドで固めます。
目打ちの先でツンツンしたり撫で付けて成形して「糸止め箇所が分からないだと?」と言わせましょう。

⑮コブを縫い穴の中に隠し、仕上げます

⑮コブを縫い穴の中に隠し、仕上げます

以上を繰り返して、左右のアッパーに2本ずつストラップを縫いますよ。
左右で取り付け位置が逆になることにご注意くださいませ。

⑯左右で逆に取り付けることに注意です

⑯左右で逆に取り付けることに注意です

…この先に進むと縫い上がりまで一気にゆくので、短いけど今日はここまで。
明日はとうとう靴の形が見られますからね~。

【革のぷちシューズキットの作り方は7日連続でお話ししております】

革のぷちシューズのキットは 「革のぷちシューズ手作りキット(栃木レザー)」 で販売中です。
面白いのでぜひ挑戦してみてくださいねっ。
にほんブログ村テーマ ナチュラル生活へ
ナチュラル生活

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください