2018年5月11日 言葉にできない…革の箱の魅力

花金ですな。
「ちょこっと一杯どう?」みたいな感じでしょうか。

アノ宝箱のマグネットを作ってます

アノ宝箱のマグネットを作ってます

こちらはマグネットのぷち宝箱の下ごしらえができてます。
半円形のとこは、宝箱の蓋のアーチです。
あらかじめ水に浸しまして、この形で乾かして固定してますよ~。

縫い穴は全て開け終わっております

縫い穴は全て開け終わっております

いかがでしょ。
模型作りが好きな方にはたまらない姿だと思んですけども。

そんなわけで、ぷち宝箱2つの手縫いの準備ができました。
コレ作ってると、楽しくて時間忘れちゃうんですよね~。
角を直角に作る革の箱ってね。なんなんでしょね。この魅力。

一方、人間サイズの小箱も裁断が始まってます。
すいませんっ、写真撮ってないです。
このあと、明日の準備しながら楽しもうと思ってまして。花金(死語の世界)の夜なので。

…そうそうそう。
明日はアトリエの通常営業日で~す。週一の。
革の宝箱やら小箱やらを作りながらお待ちしておりま~す。

にほんブログ村テーマ 文具・文房具へ
文具・文房具

関連ページ


コメントを残す