2018年2月20日 打刻入りの縁飾り、そしてめくるめく木槌の仕事…

めくるめく木槌の仕事。
トンテンカンテン木槌の仕事…

はいっ、そんなわけでA5サイズのシステム手帳作りの続きです。
オーダーメイド作品ですね~。

3種類の刻印を重ねて打った縁飾りです

3種類の刻印を重ねて打った縁飾りです

まずは四隅の縁飾り。
なかなか深い陰影でしょう。この雰囲気は好きだな~。

裏に貼り付けてるのは、伸び止め用の粘着シートですよ。
こんなに小さな打刻でも、3種類の刻印を重ね打ちしてますのでねっ。

革の蝶番の成型は穴あけから始まります

革の蝶番の成型は穴あけから始まります

そして本体。
これから革の蝶番を形作っていく場所にずらっと穴を開けます。

その数なんと232か所っ。
いやぁ、今日は木槌仕事ばかりでした。

ほんとね、革細工を始めた頃を思い出すんですよ。
たった一か所の穴あけも苦手だったなぁ。金具の取り付け用の穴とか。
なぜかズレたんですよね~。

にほんブログ村テーマ 手帳パラダイスへ
手帳パラダイス

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください