2017年10月15日 手縫いの準備ができまして

日曜の夜も更けて参りましたね。
冷えますねっ。暖かくお過ごしでしょうか。

ぷちスリッポンの各パーツの下ごしらえが済みまして

ぷちスリッポンの各パーツの下ごしらえが済みまして

さてこっちは、櫻さんのご依頼のぷちスリッポンの続きで~す。
各パーツ仕込みました。

やっぱり靴底の幅の広さが印象的。
本来の靴らしくは無い形…ですよね?
これが「ピュアニーモ」というボディで冬用靴下でも履けるようにするためのものなんです。

裁断と穴あけだけじゃないですよ。
部分的に吟面を削ったり、斜めにすいたりしています。

型紙から初めて作るものなのでですね。
おそらくここ削っとくと綺麗に出来そうかな?なんて。
経験と想像力で進みますよ~。

とはいえ、パーツを見るだけでこれからどう縫っていくのかお分かりじゃないかな?
仕組みはシンプルです。

…そうそう。
前の冬場に冷え性対策の靴下を3種類そろえて検証したんですよ。
スポーツメーカーやら靴下専門店やら。
今のとこ一番暖かで長持ちのは、モンベルの靴下ですね~。

にほんブログ村テーマ ブライス♪へ
ブライス♪

関連ページ


コメントを残す