2017年10月10日 こげ茶の革の大切な思い出

どうもどうもこんばんはっ、To Be だよっ。
さて、今日はひっさびさの作品。
茶色の革の蝶番のブックカバーが完成してま~す。

オーダーメイドの制作が続いてましたけどもね。
コツコツ、コソコソ、ちょこっとづつ作ってました。

これねっ、思い出深い一品なんですよ。
最初の作品なんです。革で蝶番を作り始めた。

…革で挑戦的なことってやり難いんですよ。
そもそも素材が高価で。
もし手芸店で小売で買ったら…10センチ四方(1デシ)で250円~400円くらいかな?ものにより。

革は10センチ四方が単位で、1デシって呼びます。
もうねっ、それ自体が高価さを物語ってる気がします。

それで、本格的にこの道を進み始めた頃に、革をプレゼントしてもらったんです。
半裁(一頭の牛の左右半分)で230デシ位だったかなぁ…。

その革があることで、挑戦的なことが出来たんです。
もちろん今でも感謝しております。

久しぶりなので、写真も撮り直しま~しったよっと。

にほんブログ村テーマ 文具・文房具へ
文具・文房具

関連ページ


コメントを残す