2017年6月27日 いよいよ佳境、オーダーメイドの簪ケース作りです

…完成が近づいて参りました。
オーダーメイドの簪ケース作りです。

本体とフタともに外観部分が縫い上がりました

本体とフタともに外観部分が縫い上がりました

外側が縫い上がってます。
もう出来上がりを想像できますね~。
黄丹色の縫い糸やエンブレムの取り付け方向は、なんとご依頼のお客様のご指定です。

そうそう。
昨日「ミニチュア作りの方法」とお話しましたけどもね。
厚さが2ミリしかない革で箱を作ってるからなんです。
普通なら4~5ミリ位は欲しいところ。

さて、続いては内装に取り掛かりますよ~。
必要なパーツ数は外側と一緒です。

内装、そして難関の本体とフタの合体に続きます

内装、そして難関の本体とフタの合体に続きます

本体の内側が一段高くなってて、そこにフタをカポっとはめる形です。
付印籠(つけいんろう)という形ですね~。

そして、本体とフタの合体が最大の難所っ。
さてさて、気合入れて参りますよ~。

にほんブログ村テーマ ナチュラル生活へ
ナチュラル生活

関連ページ


コメントを残す