2017年4月7日 革をゆっくり乾かします、革だけに

どうも~、金曜日の夕方ですね~っ。
私がこよなく愛する時間。
こちら那須は雨がちですけどもね、いかがお過ごしでしょうか。

さて、赤い革のブックカバー作りの続き参りましょ~。
接着したり、革の床(トコ:裏面)を磨いたり、下ごしらえ。

ブックカバーの背表紙になるパーツです

ブックカバーの背表紙になるパーツです

一通り全部のパーツが乾くのを待つ状態です。革だけに。
(↑ダジャレじゃ無いですよ)
一晩置いときます。

30分も乾かせば次の工程に進めるんですけどもね。
ものの本にも大体そんな風に書いてありますけどもね。
実際には、しっかり乾くと作りやすさが違います。

すべての革が乾燥待ちになりました

すべての革が乾燥待ちになりました

大急ぎのオーダーメイドのご依頼だと、どうしてもココを省略するんですよ。
だってほら、他はどんなに急いでも大して変わらないから。
3倍のスピードで縫えたとしても知れたもの。

ところで今夜あたりはアレですか?
歓迎会とか?お花見とか?いいな~っ。
でも注意せよっ、夜の花見は真冬と一緒ですよ~。

にほんブログ村テーマ 文具・文房具へ
文具・文房具

関連ページ


コメントを残す