2017年3月22日(第二部) ピンチです、ぷちゴーグルのロー付け溶接

どうもどうもこんばんは、 To Be だよっ。
今夜は…熱いぜ。熱い話だぜ。
コラボアクセサリー用のぷちスニーカー、そしてオーダー品の飛行帽作りが熱いぜっ。

さて、ぷち飛行帽のゴーグル作りに入りました。
真鍮の板と棒でこしらえますよ。

問題は…低温で溶ける銀を切らしてた。うっかり(てへ)。

ざっくり言いますね。
真鍮より融点の低い銀を溶かしてくっつけます。ロー付けって言いますね。

真鍮の融点がざっくり800℃くらい。
手元にある銀ローの融点が750℃くらい。
融点を低くしてある銀ローだと、600℃くらいのがあるんだよねっ。

ゴーグルを作るには、10か所の溶接が必要なんです。
融点の高い銀から使って温度差を利用したいところ。
しかも真鍮板はあっという間に温度の上がる0.2ミリ厚…。

実際厳しくてさ…
真鍮そのものが溶けるは。
先に付けたとこが次に付けるときの熱で取れるは。
失敗を繰り返しましたが…で~きま~した~っ。

3分銀だけで10ヶ所ロー付けしています

3分銀だけで10ヶ所ロー付けしています


アクリル板を削り出した風防を取り付けました

アクリル板を削り出した風防を取り付けました

バーナーを当てる前のセッティングが命でした。
また一歩成長。

甲を成形していったん乾かし、膨らみを固定します

甲を成形していったん乾かし、膨らみを固定します


ぷち飛行帽は縫い上がりです。この後、濡らして成形します

ぷち飛行帽は縫い上がりです。この後、濡らして成形します

革のパーツたちもそれぞれ区切りの良いところまでできまして。
まもなく完成っで~す。

にほんブログ村テーマ ナチュラル生活へ
ナチュラル生活

関連ページ


コメントを残す