2017年2月14日 手縫いの工夫の結果が出まして

…バレンタインということでね。
私には とんと縁の無いアレなんですけども。
キャッキャウフフしてますかね?ひょっとしてね?

さて、どこ吹く風でこしらえて参りますよ~。
オーダーメイドのブックカバー作りっで~す。

手縫いが進んでます。
いま7割くらいかな?

ここで注~も~くっ。
手順を変えた効果のほどを見てみたいと思いま~す。

段差は2重に縫うためステッチが荒れやすいポイントです

段差は2重に縫うためステッチが荒れやすいポイントです

見ていくポイントは、革が重なって段差になってるとこ。
強度のために2重に縫うんです。

するとステッチは荒れます。
角度が微妙にズレたりとか…
そこだけリズムが違うって言いますか…

一目で2重に縫うことの意味が分かるので、気にならないんですけどもね。
説得力がありますからね。

でもでもど~よこれ~っ。
説得力がどうのこうのじゃないですぞっ。
なんだったら2重に縫ってることに気付きにくい。
それは言い過ぎかな?(てへっつって)

7割ほど縫い終えたところです

7割ほど縫い終えたところです

手間を増やしただけのことがありました。
この結果を知ったら前には戻れません。
…求める何かにまた一歩近づいた…そんな実感ありです。

にほんブログ村テーマ 文具・文房具へ
文具・文房具

関連ページ


コメントを残す