2017年1月26日(第二部) 手作り革クリームの実験(第3回)

…ぼちぼち1月も終わりですね。
あれっ?昨日あたりが給料日で、今日あたり新年会とか?ですかね~。

はいっ、夢工場の月末と言えば、手作り革クリームの実験で~すよっ。
あなたの革のお手入れにも役立つ情報があるかもで~すよっ。

この実験は、何も付けない革と手作りクリームやコロニルのアニリンクリームでお手入れした場合の革の変化を見るものです。

早速、1番目の写真について。
一番右上のヌメ革にカビのような白いのが付いてるの、分かるでしょうか?
大切な革がこんな風になったら嫌ですよね~。

写真1 右上の革に白いカビのようなものが見えます

写真1 右上の革に白いカビのようなものが見えます

考えられるのは、カビかスピューかってとこです。
スピューっていうのは、革の中の塩分や油分が浮き出てきたものです。

ところがどっこいしょ。
今回はどちらでもありません。

実は、前回のお手入れでコロニルのアニリンを塗り過ぎちゃって。(てへぺろ)
かたくしぼった柔らかい布で綺麗に落とすことが出来ます。
こういう風になることがあるよ~って知っているとびっくりせずに済みますよ~。

続いて2枚目の写真です。
革にストレスを与えるために水没させてますね~。
この写真、2日前に撮ったものです。

写真2 革にストレスを与えるため水没させています

写真2 革にストレスを与えるため水没させています

3枚目の写真が乾かしてるとこ。
びっしゃびしゃのまま、直射日光に当ててます。
最悪です。
最悪の革の乾かし方です。

写真3 ビシャビシャの革を直射日光に当てて乾かします

写真3 ビシャビシャの革を直射日光に当てて乾かします

そして4枚目の写真が今日の夕方。
すっかりカッパカパで・す・よ。
嫌ですね~っ、こんな風になっちゃうの。
革が濡れたとき、どうして「風通しの良いとこで陰干し」っていうのか、よ~く分かりますね~。

写真4 無茶な乾かし方で反り返った革

写真4 無茶な乾かし方で反り返った革

最後に5枚目が今回のお手入れ後の姿です。
クリーム無しの革たちは力づくで、他はクリームを馴染ませてから平らにしました。

写真5 断定できませんが、コロニルのアニリンを塗った革のエイジングは遅くなるかも知れません

写真5 断定できませんが、コロニルのアニリンを塗った革のエイジングは遅くなるかも知れません

…正直なところ…まだどれもさほどの違いは無いかなぁ。
でもでも、コロニルのアニリンを塗ったヌメ革は経年変化が遅めになるかも知れません。
断言できないですよ。情報が少ないので。

でも、今回の実験では、他と比べて明らかに色が薄いです。
引き続き実験を続けて確かめてゆきたいと思いま~す。

【ここまでの実験メモ】

  • 2017年 1月26日 手作り革クリームの実験(第3回)
    生成りのヌメ革の経年変化に差が出始めた様子です。
  • 2016年12月24日 手作り革クリームの実験(第2回)
    クリームが分離したため、椿オイルの手作りクリームで引き継ぎました。
  • 2016年11月25日 実験開始
    ホホバオイルの革クリームを作り、実験を始めました。

次回は2月末の予定です~。

にほんブログ村テーマ 物を大切にする暮らしへ
物を大切にする暮らし

関連ページ


コメントを残す