2017年1月11日(第二部) レザー蝶番のキーケース作りの最難関

ちょっとさ~、今から出掛けなきゃいけないんですよ。
ぶっちゃけね、ここだけの話ね、寒くて嫌だなぁ…

「出不精だ」とか「怠け者だ」とか言う人もおられると思う。
「引き籠りじゃね~?」なんてナジられても仕方ない。

…もうねっ、言わせてもらおう。
まっすぐな瞳で、はっきりきっぱり言いきろう。
「私はっ、日向ぼっこしながら作ってるのが大好きだ~~~っ」…ふぅ。

そんな誰の特にもならない自己開示はさておき、オーダーメイドのキーケース作りの続きです~。
赤い革の5つのパーツの接着が済んでおります。

レザー蝶番のキーケースの外側パーツたちです

レザー蝶番のキーケースの外側パーツたちです

なんでかんでココが一番難しいかも知れません。
正確に、しかもヒビ割れ無いように、革の端をたたむ。
特に両側が蝶番になるパーツは難易度MAXです。東MAXです。

…でっ、近くから見ると蝶番のまわりは毛羽立ったり荒れたりしてるんです。
これから全ての凹を綺麗にヤスリ掛けして噛み合わせを整えます。

全ての溝をヤスリ掛けで調整します

全ての溝をヤスリ掛けで調整します

工程を想像すると気が遠くなるものがあるかも知れませんね?
…だがしかし、私にとっては寒空に出掛けるよりず~っと幸せなんです。

にほんブログ村テーマ ナチュラル生活へ
ナチュラル生活

関連ページ


コメントを残す