2016年12月14日 革細工の基本を離れて

縫い穴の一つひとつを指定した革の名刺入れの型紙です

縫い穴の一つひとつを指定した革の名刺入れの型紙です

頑固な人ってどうおもいますか。
私は苦手ですね~。融通が利かない人って…

さておき、ぼちぼちクダ巻いてゆきたいと思いま~す。
今夜もアレですよ。ホットウィスキーです。

こしらえたのは、型紙ですね~。
昨晩できあがった革のポケットを使うためのおニュー(死語)の型紙~。

革の名刺入れで、縫い穴の一つひとつまで指定っていうのは、ちょっと珍しいです。
たいがいはね~。
縫い幅を少しずつ狭めたり広げたりで帳尻合わせるんです。
基本の技術です。

ところがどっこいしょ。
革のミニチュアを作るときは縫い穴の指定が必要なんです。
人形の靴とか帽子とか。パーツも作りも細かすぎるので。

…これは反省です。
私はどうも頑固なとこがありましてね。
「あれっ?さっきお前、頑固な人が苦手って言ってなかった」
…なんて思ったかもしれないですけども。
そんなものじゃないでしょうか。

理想の名刺入れを追求する為の小道具たち

理想の名刺入れを追求する為の小道具たち

どうしても基本にこだわるとこがあって…なかなか手放せないんです。
「風呂は42度だろうが~っ」みたいな?
名刺入れには名刺入れの作り方ってものがあるだろっつって。
でも実はちょっとお母さん思いのところもあるよみたいな?

今回は基本を離れまして…
理想の名刺入れを追いかけてみたいと思いま~す。
用意された正解の無い研究っ…こいつはワクワクですよ~っ。

にほんブログ村テーマ ナチュラル生活へ
ナチュラル生活

関連ページ


コメントを残す