2016年12月5日 初めてシステム手帳を選ぶ貴方へ

バイブルサイズとミニ6穴サイズの用紙の比較

バイブルサイズとミニ6穴サイズの用紙の比較

今宵も更けて参りましたね。
寒くなると自然と代謝が落ちましてね。
ちょっと調子悪くなるのは当然だそうなんです。
だもんでねっ、ちょっとホットウィスキーでもやりたいと思いま~す。

さて、次の挑戦ですよ~。
レザー蝶番のシステム手帳に新たなサイズを加えますよ~。
一番人気。
バイブルサイズに挑戦です。

ご近所のタカダ文具店なんかでも、人気の違いは歴然なんです。
バイブルサイズの用紙は、一番見やすい棚にいっぱ~い並んでまして。
ちなみに、ミニ6穴サイズは下の方の棚にこじんまりとしております。

もしこれからシステム手帳を使ってみたいとお考えでね。
どのサイズかお悩みだとしたら、オススメは間違いなくバイブルサイズです。

なんといっても用紙やパーツの種類がダントツに多いんです。
おのずと自分好みのシステム手帳にしやすいわけです。

例えば…
デイリーとウィークリーの予定表を入れて~…
ノート部分は方眼用紙でしょ~…
カードポケットと定規もちょっと欲しいかな…
ペンホルダーも付けたいな…
そうそう、計算機ほしいっしょ…
…なんつってね。

そういうカスタマイズの自由度がいっちばん高いんです。

バイブルサイズの型紙を描きました

バイブルサイズの型紙を描きました

「じゃっ、なんで今までバイブルサイズを作らなかったの?」って思うかも。

ぶっちゃけね。
ほんとぶっちゃけ、レザー蝶番のシステム手帳は作るの大変なんです。

特にタテに長くなって蝶番の歯の数が増えますと、どんどん大変になる。
歯を一個いっこヤスリで削って噛み合わせを調整しますので。

…でも、私ももう十分な数稽古をこなしたでしょう。
「今なら出来る気がする」ってヤツです。
「今ならカメハメ波うてる気がする」ってアレです。

関連ページ


コメントを残す