2016年11月30日 革を硬化させる方法もありますが…

厚さ2ミリの革の箱はグニャグニャ

厚さ2ミリの革の箱はグニャグニャ

もう1時間ちょっとで2016年の11月も終わろうとしておりますね。
師走です。お忙しいでしょうね。

ときにはフッと力を抜くときもあるといいんじゃないかな。
そんなわけで、今宵も一杯ひっかけてゆきたいと思いま~す。

早速ね、1枚目の写真見てみて下さいな。
箱状の革がグニャ~ってなってるでしょう。

これですこれ。
昨日お話した、ペンケースをエンピツの長さに対応させた場合の問題点。

以前アドバイスも頂きましたが、革の硬化剤っていうのもありまして。
「カタメール」って名前です。

「プッ」とか吹いちゃダメですよ。
「小林製薬みたいっ」なんつって。
「しみとり~な(服の染み取り)みたいな?」とか。
「ヒガサンヌ (UVスプレー)みたいな?」とか。
すこぶる不謹慎ですよっ。

使われてるものでよく目にするのはレジトレーとかです。
硬化剤を染み込ませてトレー状に成形してますね。

おそらく、革以外でも繊維を硬化させるのに使えそう。
アイデア次第です。何かの役に立つときがきたら嬉しいな~。

本体とフタの接着が済みました

本体とフタの接着が済みました

でもでも、ちょっと想像してみて欲しいんですけどもね。
硬いものって割れるんですよね~。

ちょっとアイデアもありますので。
カタメールを使うかどうかは最後まで置いときたいと思います。

さて、年末は大変だと思いますが…
お互いがんばって参りましょうか。

関連ページ


コメントを残す