2016年11月15日 アニリン革のお手入れクリームのお話

打刻した革を裁断し直しています

打刻した革を裁断し直しています

今日は、オーダーメイドの名刺入れづくりの続きとアニリン革のお手入れの話をしたいと思いま~す。

さて、刻印を入れた革が乾きましたのでね。
型紙どおりに切り抜いてますね~。
これも、乾燥で歪むのを見越した段取りですよ~。

床(とこ:革の裏側)も磨きまして。ちゃくちゃくと下ごしらえが進みます。
ここでも じっくり乾かして参りますよ。

床磨きが済み、乾燥させています

床磨きが済み、乾燥させています

ところで、アニリン革って名前がちょくちょく出て来ますよね。
今作ってる名刺入れのネイビーの革もアニリンです。
そこで、ちょっとお手入れの話をしたいと思います。

確か iPhone の純正ケースにも使われてるのがありましてね。
革のことを知らなくて、あっという間にボロボロにしちゃったりすることもあるそうです。

しかも、クリームとかオイルの種類によっては、表面が融けたりしちゃうんです。
ペーハーの関係ですね~。

コロニルのアニリン

コロニルのアニリン

個人的にオススメなのは、コロニルのアニリンっていうクリームです。
似たものも多いので写真のせておきますね。

その名の通り、アニリン革のお手入れにバッチリです。
サラッと塗りやすくて、その後の手触りもサラッとしっとり。

特になにが気に入ってるかと言いますと…
ありがちな強い臭いが無い。
これはね~っ、意外と重要だと思うんです。

もし近くで売って無かったら、ヤフーショッピングでも Amazon でも、ネット通販でツルっ出て来ます。
小瓶で1200~1300円くらいだから、ちょっと良い値段ですけどもね。
革ジャンとか大きいものには向かないけど、革小物のお手入れなら気にならないと思います。

なんか売り口上みたいになっちゃってすいません。
アフィリエイトとかステマとかは一切無いんですよ。売っても無いし。

今作ってる名刺入れのネイビーがアニリン革ですのでね。
適してると思うクリームのお話でした~。

関連ページ


コメントを残す