2016年11月4日 豆知識・革は長く使って味が出る?

マウスマットの裏面の下ごしらえです

マウスマットの裏面の下ごしらえです

ちょっと革の豆知識などいかがでしょう?
オーダーメイドのマウスマットを作っておりましてね。形はとってもシンプルです。
なにより素材の特徴が前面に出ますので、そのお話をしてみたいと思います。

「革は長く使って味が出る」なんて言いますよね。
これがですね、なかなかに奥が深~い言葉なんです。

革にも種類がたくさんありまして。
その中に、時間を掛けることで色艶が良くなっていく種類があります。
イメージとしては、ワインみたいに熟成する感じ?でしょうか。
タンニンなめしのヌメ革のことですね。

一方で、わび・さびって美意識がありますよね。
欠けたり汚れたりするのを劣化と片付けず、変化の美しさをたのしむわけです。
素材は木でも焼きものでも金属でもいいんです。

…これはあくまで個人的な印象ですよ。
タンニンなめし革の特徴と、わび・さびの美意識が混ざってる方も多い気がするなと。
すると、どんな革でも「革は長く使って味が出る」と言って正しくなるわけです。

楽しみ方の種類?が違う気もしなくはないのですが…
いやはや、両方楽しめばいい話ですね。

ガラス板で磨き上げます

ガラス板で磨き上げます

さて、オーダーメイドのマウスマットは、床革(とこがわ)にワックスを染み込ませて磨いております。
完成したらマウスマットの裏側になる面ですよ~。

関連ページ


コメントを残す