2016年10月24日 斜め45度上をゆけっ

斜め45度の断ち切りです

斜め45度の断ち切りです

那須は急に冷え込みましてね。
そちらは大丈夫でしょうか。
ぼちぼちホットウィスキーでも舐めて温もりますよ。準備OK?

さて、革の箱作りの続きですよ~。
縫うための下ごしらえが進みょっ。

革の端を斜め45度に断ち切ってゆきます。
…ところで「断ち切る」ってさ、一般的な言葉だよね。
「あの人への想いを断ち切る」みたいな?
「夢への情熱を断ち切る」みたいな?
なんか切ない例えばっかりだけど。

革細工の場合はねっ、刃を引くこと無くグイって押し切るような切り方のことを言うんだよね~。
お好み焼きのヘラの先が刃になってるような道具でさっ。

ところがどっこいしょ。
あの人への想いとか夢への情熱なんてね、断ち切ったと思っても戻ってきたりするでしょぅ?
こっちの断ち切りはアレですよ。
もう完全に戻らないですからね。
角度を間違えたからって「来ちゃった」とか無しだかんねっ。

縫い穴も45度に開けてゆきます

縫い穴も45度に開けてゆきます

…はいっ、ほろ酔いおじさんの何を言ってるのかまるで分からない話のコーナーでした~。
風邪ひくなよ~っ。歯磨けよ~。

関連ページ


コメントを残す