2016年10月22日 出来るかな?2ミリ厚で “拝み合わせ縫い”

箱のパーツ達です

箱のパーツ達です

サタデーナイトと言えば、もちろんフィーバーでしょうか。
してますか?フィーバー。
私も余裕で朝までコースだったものですよ。
われながらワルだね~っ。

…ときは経ちまして、今は革の前で家飲みです。
無理がないねっ、うんっ。どうですかご一緒に。

さて、革の箱作りチャレンジの準備が進んでますよ~。
今回は縫い方が独特なんですよ。

端っこを斜め45度にカットした革を合わせましてね。
斜めに針を刺して縫っていくつもりです。

“拝み合わせ縫い” って言いましてね。
ちょこっと上級者向けなアレです。
いや~っ、上級者なんて言っちゃったよ。ちょっとカッコイイって思った?はきゅ~んってなりませんでした?

厚みの半分だけに縫い穴を開けます

厚みの半分だけに縫い穴を開けます

…え~、ゴホン。
えっと、気を取り直しまして…

この縫い方をするには、革の厚みが必要です。
せめて4ミリ以上は欲しいとこ。

それを2ミリ厚でやってみたいと思いま~す。
いや~っ、半分ですよ半分っ。
われながらワルだね~っ。

関連ページ


コメントを残す