2016年8月25日 革床をグリグリ仕込みます

黄色と生成りの磨いた床の違いです

黄色と生成りの磨いた床の違いです

閉会式で安部さんがマリオになったそうです。
ご覧になったでしょうか?

なにをかくそう、私もファミコン第一世代。
今にも起き上がりそうなカニに向かって兄弟をグリグリ押し込むなど、水道工事のおじさん2人による潰し合いに興じたのは良い思い出。

…さて、ときは流れて革の床をグリグリ仕込んでおりまして。
樹脂入りのワックスでパックしたあと、ガラス板で磨きます。

黄色の革の床がすごく発色いいですよね~。
気付かれたかなって思うんですが、生成りよりも色が薄いんです。
なめしの工程で脱色してから染料に浸したのが分かりますね~。

床に艶が出ています

床に艶が出ています

グリグリって言いましても、優しくですよ。
ほぼガラス板の重みだけで擦る感じでしょうか。

ヘタに力が入りますとねっ、くしゃっとねっ、起きたカニに当たったみたくなりますよ。
テテッテ テテテテッてなります。

関連ページ


コメントを残す