2016年5月11日 終わらない下ごしらえは無い

革の蝶番。しっかり噛み合っています。

革の蝶番。しっかり噛み合っています。

昨日の天気予報は「今日は雨ですが、明日は晴れ」でした。
今日の天気予報は「今日は雨ですが、明日は晴れ」です。
…なるほど…と。
天竺なのかな?…と。

次の祝日なんて7月の半ばまで無いしね。
個人的にね~っ、5月病も止む無しだと思いますよ、はい。

さておき、今日も楽しく作っていきたいと思いま~す。
オーダーメイドの名刺入れの続きで~す。

革を折り畳んで蝶番にしましたよ~。
このときですっ。
ちょっとでも切り過ぎてたら面白いほど裂けるかんね。
手抜きは必ずバレるもんで。

下ごしらえ完了です。

下ごしらえ完了です。

そして、コバ(裁断面)のヤスリ掛けと磨きも済みまして。
全てのパーツの下ごしらえが完了っで~す。

2枚目の写真の右上にとっても普通な名刺入れを置いてあります。
私の愛用の品ですね~。
この型なら、今までの下ごしらえぜ~んぶで2~3時間で済みますよ。

そうだねっ、止まない雨は無いです。
終わらない下ごしらえは無いんです。

ところでさっ。
沈みがちなこそ時季こそですよ。
時季じきの名句など嗜むのが大人ってものかも。

「五月雨を あつめて早し 最上川」(松尾芭蕉)
「五月雨を ギャザーしてクイック 最上川」(ルー大柴)

関連ページ


コメントを残す