2016年5月3日 作り手の意思が伝わる場所

前胴を縫ってゆきます。

前胴を縫ってゆきます。

用事って重なるものですよね。
仕事でも人づきあいでも。
からっきし手空きになったかと思えばさ~。
無茶でしょってくらい忙しくなったりしてさ。

…と、くどくど愚痴っておりましたけどもね。
“ シフォン主義。 ” (不二家)というシフォンケーキを頂きまして。
美味しいケーキを食べると思います。
理不尽な世の中も、不甲斐ない自分も、全てを許して生きていける気がする…

そんな感じで疲れを癒しましてね。
われながら扱い易いなーって思いながらもね、今日も楽しく作っていきたいと思いま~す。
新しいデザインのペンケース作りの続きですよ~。
最後のパーツを縫ってます。これ前胴ですよ。

底の端がピシャッと決まりました。

底の端がピシャッと決まりました。

縫い上がりますと、分割通しマチの特徴がよ~く分かりますね~。
今回のポイントになってるとこです。
底の角がしっかり直線的に出ております。
どういう物を作りたかったのか、作り手の意思がハッキリと現れる部分です。
お持ちのバッグとかも、この作りになってるかも知れませんね~。

関連ページ


コメントを残す