2016年3月20日 苦手な斜め漉き

両端を6ミリ幅で漉いた背表紙のパーツです。

両端を6ミリ幅で漉いた背表紙のパーツです。

春の3連休ですね~。いかがお過ごしでしょうか。
那須は暖かだけど、ちょっと風があるかな~。
花粉がすごいので、苦手な人はアレですな。

さて、ブックカバーをこさえてますよ。
なんだか久しぶりな気がしますね~。

手に持ってるのは背表紙になるパーツです。
革の厚さは約2ミリっす。
両端を6ミリの幅で斜めに漉きまして。
刃物みたいになってるでしょう。

蝶番のレザーブックカバーのパーツ達です。

蝶番のレザーブックカバーのパーツ達です。

この “漉き” というのが本当に苦手でして。
繰り返し しょぼくれたものです。

苦手を克服っていうとかっちょいいかも。
でもね、世の中には克服しなくて良い苦手もあると思んだよね。
個人的には怖い映画とかかな~。
おそらく生涯逃げ腰です。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください