2016年2月4日 まもなく完成、オーダーメイドのレザー蝶番の小銭入れ

一辺ずつマチを本体に接着して縫い進みます。

一辺ずつマチを本体に接着して縫い進みます。

ちょっくら出てたんですけどもね。
やっぱ日が暮れっと冷えるわ~って。
足先が凍るように冷え症でして。

そんなのを乗り越えて、今日も楽しく作っておりま~す。
さあ形になって参りました。
オーダーメイドの小銭入れの続きですよ~。

少しずつ接着しては縫い穴を貫通させて進みます。
ほんと、この小銭入れは段取り八分って言葉がぴったり。
ほとんどの工程が下ごしらえです。

蝶番が噛み合うまでヤスリ掛けし、磨いて仕上げました。

蝶番が噛み合うまでヤスリ掛けし、磨いて仕上げました。

蝶番のとこはお先に仕上げまで済んでまして。
分厚い革を使っただけあって、存在感あるな~って感じます。
小銭入れのパーツには見えないな~って。

この一つの為に型紙から作ったんですけどもね。
甲斐があるってものです。
自分からは出にくいアイデアから得られる経験も貴重ですね~。

関連ページ


コメントを残す