2016年2月3日 どんな感じ?緑と茶色の小銭入れ

緑と茶色の本体のパーツです。

緑と茶色の本体のパーツです。

やってみないと分からないことってありますよね。
踏み出す前のアレやコレやが当たるのは、千に三つと言いましょうか。

さて、オーダーメイドの小銭入れ作りの模様ですよ。
緑と茶のパーツが一つになって、本体作りが進みます。

この組合わせ、どうなるのかな~って思ってましたけども。
なかなかどうして、土と緑って感じ?
または抹茶チョコ?
ステッチが入れば一層まとまりが出そうな予感です。

蝶番の歯を削り出します。

蝶番の歯を削り出します。

一方でさ。
厚めの革をつかったことで、蝶番も独特ですよ。
歯の一つひとつがグリッと存在感がある感じ。

このくらい厚いと、クルンっと畳んだときの変形が激しいです。
だもんでね、ヤスリで削り出して形を整えていきますよ。

だんだん、雰囲気が分かって参りましたね~。

関連ページ


コメントを残す