2016年1月20日 革の蝶番の仕上げです

蝶番のコバ(裁断面)を磨きました。

蝶番のコバ(裁断面)を磨きました。

さっきから晴れてんのに雪降ってるんですけども。
キツネの嫁入りってありますよね。
これもキツネでいいのかな?キツネの出戻りとか?

さて、オーダーメイドの小銭入れ作りの続きで~す。
だいぶん進みましたね。
本体とマチの3つのパーツに集まりました。

それで、手順からいって蝶番を仕上げたんですけども。
茶色と茶色の間から、薄くすいたヌメ革の端っこが見えますかね~。
当たり前なんですけどもね。
端まで届いてなかったら、縫っても意味が無いですからね。

本体(上2つ)とマチです。

本体(上2つ)とマチです。

でもでも、完成したら隠れちゃうとこですから。
端っこまで餡子が入ってるタイヤキ屋ってあるじゃないですか。
そんな自己主張です。

…さて、マチの下ごしらえが済めば、縫っていけますよ~。

関連ページ


コメントを残す