2016年1月16日 チタンのカッターの切れ味に感じる未来

厚さ6ミリに重ね合わせた厚紙をチタンのカッターで切断しています。

厚さ6ミリに重ね合わせた厚紙をチタンのカッターで切断しています。

チタンって知ってますか?
えっと、チタン製のカッターを試してるんですけどもね。

カッターの替え刃がチタン…
チタンで・す・よっ。
いや~っ、来てんね、未来。

つってもね、チタンって言ってみたいだけで、良く分かって無いんですけどもね。
「チタンがどうちたん?」みたいな?

さて~っ、そのカッターを使ってこさえてるのは型紙です。
一昨日の続きで、二つ折り財布の型紙ですね~。

厚さが6ミリになるまで貼り重ねた厚紙を切りましてね。
立体加工ができる型紙をこさえました~。

良く分からないけどスゴイゼ、チタン。
だって、6ミリの厚紙なんて木材みたいなもんでね。
とてもとてもカッターで切る気になれない代物でちたんで。
(↑ダジャレじゃないですよ)
やっぱ来てます未来。

関連ページ


コメントを残す