2015年11月24日 革の蝶番の畳み方

蝶番の部分を畳みおえました。

蝶番の部分を畳みおえました。

西日がね、良い塩梅なんですよ。
ともすれば嫌っていくスタイルの西日ですけどもね。
夢工場もぱぁ~っと明るく暖かくなるひとときです。

そんな陽だまりで撮りました。
蝶番のとこを畳みおわったパーツ達です。
厚さ2ミリの革をペターっと畳むのって、案外ムズイですよ。
すきあらば元に戻ろうとすっかんね。

例えばね、デパートの服屋の店員が「何かお探しですか?」って話しかけて来るぐらい、積極的に元に戻ろうとしてくる。
すきあらば「お目が高い」「ソレはもてますよ~」などと畳みかけてきます。

かといって、力でねじ伏せようとしたら裂けたりします。
だもんでじっくりと、様子を見ながら畳みまして。

関連ページ


コメントを残す