2015年11月19日 どれだけ伸びるか分かりやすくしてみました

反対側の一枚も打刻しました。

反対側の一枚も打刻しました。

あんまりクシャミが出るもので。
往年の加藤茶の真似をね、練習してました。
「ひっぷしぃ」って感じ?
最初の「ひっ」の発音にこだわりあり。
あと喉が痛くて。

そんなわけで遅くなりましたけどもね。
残り半分も打刻してますよ。

型紙とのズレはこの位です。

型紙とのズレはこの位です。

そして型紙と重ねて撮ってみました。
革がどのくらい伸びちゃうのか分かりやすいようにですね。
上とか右の方を見ると、面白いようにズレてますね~。

そりゃあ、経験の浅い頃の実験ではね。
「こりゃ使いものになんないね~」って思ったわけですよ。
この後の変化も見る前に。

ちなみに、横を向いてクシャミするのって危ないですね。
首がグリッとなりまして。
ちょっと寝違えたみたいになる。
どうぞお気を付け下さいませ。

関連ページ


コメントを残す