2015年8月17日 手縫いは疲れを忘れる不思議

白の糸とヌメ革の組合わせです。

白の糸とヌメ革の組合わせです。

連休明けってさ、前よりくたびれてたりしませんか。
遊び疲れとか呑み疲れとか。
私もねっ、若干けだるい月曜日です。

気を取り直しまして、蝶番のレザーブックカバー作りの続きで~す。
ひとつ分は縫い上がりまして。
ふたつ目に入ったとこですね~。
ちなみに、縫ってると気だるさを忘れるから不思議です。

ヌメ革と白糸の組合わせは鉄板ですからね。
ほんと自然と馴染む感じです。
糸の太さは、こないだのオーダーメイドの経験から太さを落としてます。
あまり細すぎると手縫いの味が消えちゃいます。
丁度よい塩梅なんじゃないでしょうかね~。

よ~しっ、あと半分。
コツコツ縫ってゆきたいと思いま~す。

関連ページ


コメントを残す