2015年8月5日(第二部) 縫い糸を外し始めたよ、お財布の修理

名刺入れが縫い上がりました。白糸、好きだなぁ。

名刺入れが縫い上がりました。白糸、好きだなぁ。

今日も暑いですね~。
何度、この夏一番だって思ったことか。
たまには5時くらいからビールってのも良いだろうな~。

さて、ロゴ入り名刺入れ作り&お財布の修理の続きですよ~。

まずは、名刺入れが縫い上がってま~す。
個人的に白い糸は大好きでして。
黒革にもヌメ革にもしっくりしてるな~って。
ロゴの位置がちょっと低いかなって気もしますが、
このすぐ上で曲げ貼りが始まってますので、こんなところでしょうか。
ここからは仕上げに入りま~す。

お財布の縫い糸を外してゆきます。

お財布の縫い糸を外してゆきます。

続いてお財布の修理です。
昨日までは取り付けるパーツを作ってきましたけども、今日からはお財布そのものを扱ってゆきますよ。

まず縫い糸を外しまして。
うんうん、しっかり縫えてる。
同じ穴での縫い直しも大丈夫だね~、なんて感じながら。
そして、接着した両端を剥がします。
水性のノリなので、ちょっと水を染み込ませながらです。
表面の凸凹が大きいので、蒸しタオルを当てますと…

小銭入れの両端を開きます。

小銭入れの両端を開きます。

かなり平らになったと思います。
傷も、例えば靴ならクリームで艶を出せば履けるくらいでしょうか。
でもねっ、今回は先々を考えまして、ここにサポーターを取り付けて参りますよ~。

蒸しタオルで凸凹を直します。

蒸しタオルで凸凹を直します。

関連ページ


コメントを残す