2015年7月31日 打ってから切る1ミリ革の工夫

ポケットを濡らしてぷっくり膨らませました。

ポケットを濡らしてぷっくり膨らませました。

今期は絶望か?
…と思われた左肩の痛みも、日々和らいできまして。
「おっ?いけっか?」つって、夏の太陽に向かって変なおじさんをやってみまして。
…えっと、ちょづいてました。
なんつーか、痛々しく変なおじさんになった。

さて、気を取り直して今日も楽しく作ってゆきたいと思いま~す。
まずは2個セットのオーダーメイドの名刺入れです。

ストック用のポケットを膨らませてますよ。
水に濡らすことで形を変えられるのは、革の楽しいところ。
型をグイグイ押し込みまして、乾くのを待ちます。

刻印の後、乾いてから正確に裁断しています。

刻印の後、乾いてから正確に裁断しています。

続いて、刻印を打った革を裁断します。
はいココで~す。今日のポイントココで~す。

打刻もね、革に水を含ませて打つんですけどもね。
どうしても乾く道中で歪みます。繊維の流れや密度で歪み方は様々です。
だもんで、ちょっと大きな革に打刻しまして。
自由に歪んで貰ってから正確なサイズに切ってま~す。

ここまでする必要があるだろか?とも思いましたが…
やってみるとすごく良い。
なにせしっくりだもの。

全体の進み具合です。

全体の進み具合です。

結果がどうあれね、試してみたいことは、どんどんやってみたら良いと思うんですよ。
痛々しく変なおじさんになったとしても。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください