2015年7月31日(第二部) 立体成形用の紙の型紙3パーツ完成

レザー蝶番の名刺入れは本体が形になっています。

レザー蝶番の名刺入れは本体が形になっています。

いやぁ、夏のヤツも本気ですね。
大丈夫でしょうか。夏バテなどしてませんか?
ヘタってくると、笑い話の一つも浮かびにくくていけませんなぁ。

さて、オーダーメイドのロゴ入り名刺入れ&お財布の修理の模様ですよ~。

まずは名刺入れです。
ぷっくりロゴが楽しい外観が見えて参りました~。
ロゴの裏には樹脂がしっかり詰まってますからね。
作り途中をお見せすることの良いとこは、楽しいからってだけじゃありませんね~。

取り付けるサポーターのサイズを検討します。

取り付けるサポーターのサイズを検討します。

そしてお財布の修理。
向かい側の金具の痕がつく部分にサポーターを取り付けます。
あーでもないこーでもないっつってサポーターのサイズを決めまして。
アレなんですよ。
既存の縫い穴をそのまま活かす方針ですので、全くゼロから作るのとちと違います。

革の立体成形用の型、3パーツ。紙製です。

革の立体成形用の型、3パーツ。紙製です。

そして型をこさえました~。3つの型です。
・Aパーツ…型の土台。革を押し込む際の型の破損を防ぎます。
・Bパーツ…メインの型。裁断するときの型紙の役も担う。
・Cパーツ…革を型に押し込む役。

普通は木材とか床革で作るんですが…
さ~っ、上手くいくかな?
ワクワクです。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください