2015年6月25日(第二部) 奇跡は続くでしょう?

オーダーメイドの名刺入れとブックカバーのパーツ達です。

オーダーメイドの名刺入れとブックカバーのパーツ達です。

今宵も更けて参りましたね。
久しぶりにねっ。ちっとクダ巻いていこうと思うんですよ。
梅雨寒かなっつって、お湯割りなんか酌みましてね。

人生ね、うまくいくことばっかりじゃありませんで。
いや~、むしろままならないことばっかりで。どっすか、最近は?

さて、ずらっと並べて撮ってみやした。
これはブックカバーと名刺入れの革でして。裁断が済んだとこで。
実はオーダーメイドのご依頼をいただきまして。
いえいえいえいえっ、羽振りが良いなんてとんでもない。
これはね、奇跡なんですよ。

なんだかんだ言いまして、自信の無いおっさんでして。
いつからか始まった奇跡に感謝しながら暮らしておりまして。

そうそう。
ブックカバーの蝶番のとこ、2ミリだけ削って微調整しやした。
気付いてもらえないくらいの工夫だもんで、自分からアレしまして。
…でも、じっくり見比べればきっと違いが分かるはず。

な~んつって。
奇跡が続くよう、心に届くよう、祈りながらクダを巻くわけです、はい。
んっ?
酔ってませんよ、ま~だね。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください