2015年6月24日 4コマで紹介、マグネットのぷちキャスケット帽

裁断と縫い穴開け、ヤスリ掛けなどを済ませたパーツ達です。

裁断と縫い穴開け、ヤスリ掛けなどを済ませたパーツ達です。

夏日の那須、ここちよいです。
そうは言ってもね、扇風機をブンブン回しております。
いえいえいえ無駄遣いじゃないんですよ。
汗に気を付けてまして。
特に、染めてないヌメ革の相手をするときはですね~。

さて、夢工場ではマグネットのぷちキャスケット作りが進んでます。
ちょっとねっ、気付きまして。
そういや~、ぷちマグネットはこさえてる様子をはしょっちゃってんな~って。
そんなわけで、今日は4コマで分かるぷちキャスケット作りの模様っで~す。

1.下ごしらえ
革を裁断したり縫い穴を開けたり、一番大変なとこです。
段取り八分ですなぁ。

クラウンと点ボタンを縫い合わせた様子です。

クラウンと点ボタンを縫い合わせた様子です。

2.クラウンの作成
各パーツを表裏で縫い合わせますと、変なものが出来あがります。
花つきのサボテンみたいでちょっと面白いです。
でも、床の間に飾れる雰囲気ではありません。

革とマグネットシートを貼り付けたブリムを縫います。

革とマグネットシートを貼り付けたブリムを縫います。

3.ブリムの取り付け
クラウンをひっくり返してブリムを縫ってゆきます。
強力マグネットシートを貼り付けたブリムは針が重い。難所です。

ヒョウタンツギによる試着の模様です。

ヒョウタンツギによる試着の模様です。

4.完成
形を整えて飾りベルトを巻きます。
ヒョウタンツギに試着してもらいまして、問題なければ完成です。
形が決まらなければ、革に再び水を含ませて整えます。

以上、4コマで分かるマグネットのぷちキャスケット帽の作り方でした。
アレですね。
大切なのは、こまめな水分補給だと思うんですよ。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください