2014年11月10日 沁みるねえ

レザーの裏側の様子(ナチュラル・ネイビー・ブラウン)

レザーの裏側の様子(ナチュラル・ネイビー・ブラウン)

浮世舞台の花道は、表もあれば裏もある。
華と咲く身に唄あれば、咲かぬ華にも唄ひとつ…

と、いうわけでレザーの裏側です。
一番左が、ナチュラルね。染色してないヤツ。
真ん中がネイビーで、手に持ってるのがブラウン。

さて、樹脂入りのワックスで磨き上げて仕上げていきます。
そうですねー、見た目は女性が使う乳液みたいなワックスを多めに染み込ませて、ガラス板でクイクイ磨き上げまして。

裏側の色が違うのは、芯通しっていうね、表面だけじゃ無いレザーの染め方の特徴ですぞ。
そこを活かして、濃い色で塗りつぶさないのが今回の工夫でーす。

たっぷり染み込ませてるので、濡れたような色でしょ。
今夜も、沁みるねえ。

関連ページ


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください